アニマルアロマアドバイザー doTERRAの精油

昨年の10月にアニマルアロマアドバイザーの資格を取得しました。

昔からアロマは大好きで一番身近に購入できる無印や生活の木などで購入して香りを楽しむディフューザー用に使用していたのですが、ペットシッターで伺っていたお客さまを通じてdoTERRAのオイルに出会いました。

初回のお打ち合わせ時、お客さまのペットのお世話内容を伺うためにお部屋へ。玄関を開けた途端ふわっと香る良い香り、あれ?このアロマオイルの香り…何かが違う⁉︎、と気になりお打ち合わせが終わってすぐさま質問。

「このオイルはどこのですか?」と私の問いかけにお客さまも「えっ?」とまさかの質問にびっくり。そのお客様、かなりオイルを熟知された方でセミナーを開催されている方でした。その後エッセンシャルオイルについてを色々とご教示いただきました。

同じユーカリのオイルなのに私が使っていたオイルとは香りが全く違うのです。ユーカリの香りが大好きなのですが、doTERRAのユーカリはなんというか青くさい?まさに我が家の植木鉢に植えてあるユーカリのあの青くさい葉の匂い。いつも使っているのは綺麗に整えられた万人受けしそうなユーカリの良い香り。

「えっ、なんで?なにが違う?」同じオイルなのにこんなに違うものなのだろうか?私はこの青くさいユーカリの香りに安らぎを感じたのです。そしてお客様から衝撃の一言「このオイルは塗布できます、他にも摂取できるオイルもあるからお料理にも使えるんですよ!」と。

まず日本で販売されているアロマ・エッセンシャルオイルは雑貨扱いなので肌につけるとか料理に使えるとか聞いたことがないし、どちらかといえば危険なのでは?と刷り込みされていたのでこの言葉にはびっくりでした。

そこからdoTERRA製品のオイルはどう製造されどのような経緯を経て私の手元に届くのかを教えてもらい、さらに自ら調べても見ました。

多くの生産地はアジアの奥地やアフリカなどの途上国において生産されています。

通常は大量生産かつ農薬を使った植物からとれたオイルがほとんど。ブローカーが何重にも入りさらに石油や化学物質を混ぜ合わせカサを増やされた不純物が入り混ざった状態のオイルが私たちの手元に届きます。なので決して塗布したり料理に使うなんてできっこない。

doTERRAは生産者や蒸留者との専売契約により間にブローカーなどが入りません。ロット毎に成分分析表がついた世界基準トップの高品質で安定したグレードのオイルが私たちの元に届けられます。

専売契約により毎年安定した収入を途上国の生産者達が得られる代わりにdoTERRAが求める厳しい安全基準をクリアした植物をきちんと栽培してもらいます。ブローカーの搾取をなくすことで生産者が正当な賃金を手にすることができ、購入者である私たちも高品質で安全なオイルを安く手に入れることができる。

何よりも途上国の子供や女性達にとってdoTERRAの活動は非常に大きな利益や生活の向上、さらに子供達への教育投資をもたらしていることが心に響きました。

そんな手間ひまをかけられてこのオイルができたんだ、とdoTERRAの魅力にどんどんと引き込まれ、さらにコロナ禍で精神的不安に苛まれた時に植物の力に大いに助けられました。

アロマテラピーは伝統医学・民間療法の一つ、植物から抽出した香り成分である精油を使って心身のトラブルを穏やかに回復し、健康や美容に役立てていく自然療法です。即効性はないけれど、例えば火傷したらアロエをちぎって患部に当てたりと昭和のおばあちゃんの知恵的な民間療法、生活の一部としてアロマを取り入れています。

そんな時ペットにも使えるペットアロマとの出会いにさらなる衝撃。犬はまだしも猫はダメなんじゃない?って神話の如く信じていましたが、あの訴訟大国アメリカの獣医さんも精油を用いた治療法のセミナーをされていたり、日本でもアロマを使っている獣医師さんのセミナーや勉強会に参加してみたり。ペットアロマを勉強するうちに植物の持つ力が優しく緩やかに心身に効いてくることへの安心を感じました。

大きく跳ね上がった数値をすぐに落としたい、即効性を求めるならやはり化学物質の薬の力は絶大です。ただ数値が安定した時や自然療法として使うアロマテラピーも一つの選択肢として知っていることはアリかなと。薬はもともと植物・動物・鉱物に含まれている有効成分を抽出し化学的に変化を加え化学合成したものですものね。

身の回りに溢れている生活用品には石油・化学合成品がたくさんありますが、少し減らして自然なものをうまく取り入れてペットたちと暮らすのもアロマテラピーの一つと考えます。

香りの刺激が脳に伝わるまでなんと0.2秒以下、原始的な感覚を今でもみな持ち続けています。

ここで一つの例として。家族団欒の時やリラックスしている時にラベンダーの香りをディフューズや自分に塗布してワンちゃんに接することでワンちゃんは匂いを通じて安心の香りを覚えます。ラベンダーの香り=安心と覚えてくれることでお留守番の時や旅行先やペットホテル、万が一の災害時の避難先で匂いは脳に伝わりその感情を呼び起こし落ち着くはずです。

またてんかんの発作は犬猫共に起こりえます。その時によく用いられるのがフランキンセンス、乳香です。直接塗布ではなくパッと手のひらに数滴たらし手の中で広げ、そして手をパタパタと仰いで香りを漂わす。バタバタしていた子がふと気を取り戻す。てんかんの症状が出ている時間は約30秒〜2分くらいが多いですが、長いと5分くらい痙攣してる子もいるためその間はただ見守るだけ。だけど民間療法の一つとしてアロマテラピーを試してみるのも良いかもです。パッと戻ることが多い気がします。

さらにもう一つ。我が家のJakeはりんごやイチゴが大好き。特にりんごは皮ごと食べるのですがりんごの皮ってヌルっとしてますよね。農薬がついてるのかな?あれが嫌でホタテパウダーを使ってみたりしましたが、なんとレモンオイルを使うとキレイさっぱりヌルヌルがとれるのです。我が家で野菜洗いには必ずレモンオイルを使ってます!

ノミダニ予防や肉球クリーム、歯磨き、シャンプーやハウス・トイレのお掃除、生活の中でいろんな用途に使える精油は本当に楽しいです。そして看取りのターミナルケアにはアロマテラピーは本領発揮します。手を当ててマッサージをしてあげる、それもアロマテラピーなんです。

使うならいろんな用途に使えるdoTERRAの精油が本当にオススメなのですが残念なことが一つ。doTERRAのオイルは会員にならないと購入ができません。紹介者によって会員になるってのが「えっ、マルチ?」となんとも怪しい感じ。入会したらなんか怖いんじゃ?って思ってましたがなんの勧誘もなくコストコみたいに買い物するには会員になってね!と言う感じ。

私も最初は疑いの目でしたが紹介者の方には確かに紹介料は入るみたいです。私も何人か紹介しましたが、ビジネスとして関わる場合は毎月一定額確か2万円くらいを購入していないと紹介料はもらえません。なんてシビア😱

仕事のない身の私が毎月そんな金額購入できっこないので紹介したってなーんの得もなく、その代わり紹介者さんがオイルの使い方や購入方法など色々と教える役目なのでもうサークル的なノリで活動することになります。でもオイル仲間が増えると楽しいのが正直な気持ち、コロナ禍で今暇ですしね(๑>◡<๑)ペットシッターって人とほとんど会話しないので人付き合いが新鮮で楽しいのです。

会員になる1番の理由は、高いポイント還元率ですかね。なのであまり使わないなぁって人にはメリットないからおススメできないですね。

会員にならずともメルカリなどで売っていますので試したい方はメルカリで購入しても良いかもしれませんね。アマゾンは偽物が出回ってる気がしてあまりおすすめしません。間違いないきちんとした正規品が欲しい方はお声がけいただければ会員価格のお値段でお譲りしています。

LINEグループに精油の便利な使い方やペットアロマの使い方を日々UPしております。公に載せると薬機法の問題もあるようなので私のメモがわりにLINEを使っているものをシェアしています。

私の友人やPTCペットシッター&ホテルのお客様にシェアしておりますので、ご興味ある方は下記のLINEのQRコードから友達申請いただければご覧いただけるようにいたしますのでお気軽にお声がけください。

*面識のない方は申し訳ございませんが個人情報等の都合上お断りしております*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA